小口研治のステンドグラススタイル ランプシェード13  2021年4月29日  スターライトの記憶(1)

池田三四郎著民芸遍歴より       このスターライトは松本民芸家具の
     故池田三四郎氏が1960年代に
     アメリカのボストンを訪れた際、
     アンティークショップで見かけて
     それを苦労の末手に入れたもので
     長らく松本民芸家具のショールーム
     に展示してあったものです。


   ※ 池田三四郎著 
  「民芸遍歴」郷土出版社刊より
 スターライト     池田氏が持ち帰ったスターライトは
  真鍮の板でガラスを巻き、各ポイントを
  点付けで止めた西洋(中東)アンティーク
  などで見かける技法です。その形を写し
  ステンドグラス技法で仕上げた第一作目の
  スターライトランプシェードです。
 1990年代の作品    ガラスはごくありふれたキャセドラルグラス
 30年を経ても変わらない彩り     30年を経た今もまったく変わりなく
  生活空間を彩っています。

          小口研治のステンドグラススタイル ランプシェード13  2021年4月23日  乳白ガラスの星型ランプシェード

 星型のランプシェード     星型ランプシェード価格
                                         soid
 スターライト    形としては定番となった星のランプシェード
  無数にあるガラス素材の中でこのランプに
  仕立ててみようと感じるガラスは以外と少ない
  のです。
 LED昼白色電球使用      星型のランプシェードは昔から様々な
  技術で作られ続けて来ましたが、今まで
  目にしたものはほぼクリアーガラスか
  マシンメイドの安価な色ガラスが使用
  されています。製法も星型の型枠に
  ガラスを嵌め、爪で止めた程度のもの
  です。ステンドグラス技法では魅力的
  なガラスに出会えばそれだけで新たな
  作品が生まれるのです。ただし、この
  煩雑で面倒くさい制作過程を楽しめる
  か否かなのですが。
 空間のアクセント、スターライト







   空間のアクセント、この乳白色の
  ガラスにはLED昼光色の電球が
  やや青みがかかったクールな光を
  演出します。




  
○このランプシェードには1.5mの
   クサリと天井取り付け金具が付属
   します。

  ※取り付けは電気施工業者にご依頼ください。
   

          小口研治のステンドグラススタイル ランプシェード13  2021年2月24日 淡いグリーンとブラウンのランプシェード

 A4ー18ランプシェード  ランプシェード価格
 外径が50.5cm、4段18面大型のランプシェードです。
 淡いグリーンとブラウンの流れ
 淡いグリーンとブラウン    特徴は白いガラスに淡いグリーンとブラウンの
  カラーの流れ、古いガラスでメーカーは不明です、
  素晴らしい色合いにですが扱いにくいガラス素材
  でした。
 LED昼白色付属    ガラスを反射光で見ると白が目立つ
  明るい色合いです。光源はLED昼白色
  150W相当が付属します。
ブロンズキャップ    重量約6.5kgを約4mm厚のオリジナル
  ブロンズキャップが支えるます。
  このシェードには150cmのチェーン
  が付属します。(2mまで延長可)

          小口研治のステンドグラススタイル ランプシェード13  2020年11月27日  マルチカラーのランプシェード

 マルチカラーのランプシェード  










マルチカラーのランプシェード価格


   16角 5段  重量 4.5kg
  1.5mのチェーン(2mまで可)と
  天井取り付け金具が付属します。

  
※取り付けは電気施工業者にご依頼ください。
 フリモントマルチカラー      15年ほど前に手に入れて眺めていましたが
  なかなか出番のなかったアンティークグラスを
  思い切ってランプシェードにしてみました。
  このガラスはアメリカのシアトルにあるフリモント社
  の吹きガラス作家Jim Flanagan氏が1枚1枚丁寧に
  ハンドメイドした貴重なガラスです。
 マルチカラーのランプシェード    透明感のある吹きガラスにLED昼白色の
  クールな光が、多彩な色合いを浮かび上がらせ
  楽しい空間を演出してくれそうです。
 オリジナルブロンズキャップ      80枚のガラスを鉛線で組み上げ
  オリジナルのブロンズキャップで
  支えます。
   ランプシェード12へ     目次へ     器へ