小口研治ステンドグラススタイルギャラリー2     ランプシェードランプシェード1 

 24角 5段 120ピースのシェード    ランプシェード H300×550φ

   24角 5段 120ピースのシェードです。

   デザインの特徴は下から一段目と二段目の角度です

   鉛線2本を溶着して角度を出しています。
 上から見たランプシェード(4)     お椀型シェードと対照的的なシルエットです。
 乳白色の景色     淡い乳白色のガラス模様(ムラ)が

   程よい景色となります、一番目にする

   一段目に配置しました。

 ランプシェードランプシェード2
 民芸のランプシェード  
   ランプシェード H350×350φ

   このデザインは、松本民芸の故 池田三四郎先生とショールームの

   正面入り口上にある欄間の、ステンドグラスを打ち合わせる時に出た

   アイデアから生れました。
 民芸のデザイン     民芸=民衆的芸術はこのくらいのシンプルさで

    まわりの景色になじむと思います。
 内側から見ると    内側から見ると、とてもステンドグラスらしいです。

 ランプシェードランプシェード3
 ランプシェード(3)   ランプシェード560φ

                               sold

  36角 7段 252ピースの浅いタイプのシェードです。
 ランプシェード252P       ガラスは米国ココモのオパールセント

   穏やかな色調は和紙のような風合いで

   日本の民家に溶け込むように調和します。
 オリジナルブロンズキャップ        ランプベースにも使用しているオリジナルブロンズキャップが

    252ピースのガラスを鉛線と支えます。


   

   ギャラリー1へ     ギャラリー一覧へ     ギャラリー3へ           目次へ