気まぐれガラス日記気まぐれガラス日記19  2019年4月7日  パネルの組み上げ

 ステンドグラス組み上げ    ガラスのカットが終わり、いよいよパネルの

  組み上げ行程に入ります、今回は鉛桟では

  なく、コパホイル(銅箔)をガラスの巻き付け

  半田で組む、いわゆるティファニースタイル

  です。
 厚みが違うガラス    ステンドグラス素材で言うアンティークグラス、

  手作りのため一枚のガラスから切り出しても

  ガラスの厚みが違いが出て極端に厚みがあっ

  たり薄すぎると使えない部分も出てしまいます。
コパホイル巻    厚みが違うガラスは裏に厚紙など

  入れて調整しながらの行程、これが

  終わればコパホイルに半田を流し

  メッキ(故美色を着ける原始的な方法)

  をして完成。
オタカラコウのパネル完成    ステンドグラスパネル 「オタカラコウ」 完成。
ポピーのパネル制作   「ポピー」のパネル制作と「水芭蕉」へと続きます。

                             終わり

                 気まぐれガラス日記気まぐれガラス日記19  2019年4月3日  ガラスカット

 ガラスカットグリーンから    原画を原寸に拡大して型紙を作り

  銅箔二枚分が入る隙間を除き型紙に

  番号を振りバラバラにカット、後は

  原画のイメージに近いガラスを選び

  型紙に忠実にガラスをカットして行き

  ます。
 ガラスカットと型紙    先ずはグリーンのガラスから。
ガラスカット花びら    グリーンの次は花びらのガラス取り。

  透過光と反射光、両方映えるガラスを

  選んでいます、玉(白いガラス)の入った

  ガラスは反射光でも発色するので夜でも

  楽しめます。
 ガラスカット    型紙に忠実に、大きくても小さくてもNG

  最終的にピタリと組み上がるよう覚えた

  感覚がものを言う時です。
   ガラスカット終了、昼間見る透過光と夜見る反射光(右)この中間、時々刻々と変化する光を楽しむのです。
 透過光で                 反射光で
 切り直し    ステンドグラスはデザインとガラスの

  選択で決まります、全体を見て納得する

  までガラスを探しイメージに合わせる

  のです。絵具のように色を作る訳には

  行かないので無いものはあきらめます。

  今回は10枚のガラスを切り直しました。
   気まぐれガラス日記18へ     目次へ     ものつくり雑記へ