気まぐれガラス日記21 気まぐれガラス日記21  2019年6月30日   ガラス素材

 ランバーツ    最新入荷したガラス素材と、久しぶりに

  引っ張り出したガラスです、たまには

  確認しないとどんなガラスがあったのか

  忘れてしまいます。使用するガラスが

  頭の中にない事にはデザインは出来

  ないのです。

  ランバーツ社(ドイツ)のアンティークグラス

  ハーフサイズで色の流れが理想的な一枚が

  手に入りました。
 ランバーツアンティークグラス    同じくランバーツ、これは元板サイズ

  手吹きアンティークグラスの最高峰。

  この2枚で作品が3点出来る?イメージ

  は持っています。
ランバーツアンティーク     ランバーツ、アンティークグラス

  なかなか出番が来ないガラスですが

  カットせずいつまでも手元に置いて

  眺めていたい一枚。
アンティークグラスグラデーション     ランバーツのアンティークグラス

  このまま壁面にはめ込んで見たい!

  そんな気にさせるオシャレなガラス

  です。
 ホワイトのバリゲイト    かって、フィッシャー社が作っていて

  ランバーツ社が復刻したガラスです。

  私の作品に多く使用しています。
 フリモント    フリモント社のアンティークグラス

  アメリカで作られています、微妙な

  透明感が気に入っています。
オセアナ    オセアナ社、独特な模様が特徴的です、

  モトルと言うそうですが、小型のランプに

  最適な一枚。
ブルズアイ    ブルズアイ社のオパールセントグラス

  和紙を連想させる乳白色に金の文様

  どう使うか!悩みは尽きません。
   気まぐれガラス日記20へ     目次へ     問い合わせへ