ステンドグラスプラネット11 (C)  2015年2月01日 グラスパネル

   一辺が170mmのグラスパネルです。深みのあるブルーに黄色の流れがアクセントになっています。

このガラスは先に紹介したドアのガラスを制作中に熱割れしたものをステンドグラスパネルとして仕上げました。
 ステンドグラスパネル菱形
   左は空をバックに、右は後ろの景色が映って良い変化を生み出しています。
 ドアのステンドグラスパネル            アンティークグラスのパネル
 光りが当たるとガラスに封じ込まれた気泡は輝きアンティークグラスの本領発揮です。
 アンティークグラスの気泡
 ブルーのガラスに輝く気泡・グラスプラネット(ガラスの惑星)
 グラスプラネット
   カット前のアンティークグラス元板です、左下方の辺りから切り出していますが単に素材と言うには

余りにも美しくこのまま眺めていても飽きることがありません、床や壁に映る透過光も美しく、創作意欲を

かき立てるガラス素材の一枚です。厚みが均一でない事と高価であることを付け加えます。
 アンティークグラス元板

                       ステンドグラスプラネット11 (B)  2015年1月08日 ガラスの小窓

   一辺が15cm余りのステンドグラスの小窓です。デザインは古来よりヨーロッパの教会で見られる

ステンドグラスをイメージしました。美しい色ガラス片をつなぎ合をせて際限のない創作空間を創り

上げ完成された教会のステンドグラスこそ創作の原点です。
 ステンドグラスの小窓

                       ステンドグラスプラネット11 (A)  2014年12月30日 ドアのガラス

  公共施設のドアにステンドグラス素材のガラスを嵌め込みました。

素材の中にはそれだけで美しい手づくりならではの趣があるガラスがあります、最新のクールな

デザインと仕上がりの建築物に少し温かみのあるアクセントとして色をそえました。
                 ドアに入れたガラスA ドアに入れたガラスB
                 ドアに入れたガラスC  ドアに入れたガラスD
  ステンドグラスとしての行程はないもののガラスをカットして嵌め込むだけかと言うと

そう簡単ではありません。手づくりがゆえにガラスの厚みが均一ではないのです。

                         
  ※制作の過程はこちら。
   グラスプラネット10へ     目次へ     テーブルランプへ